【北杜市長選・市議選-情勢分析】債務超過&高齢化率No.1のまちの担い手を選ぶ選挙に

   

スポンサーリンク

任期満了に伴う北杜市長選・市議選が6日告示され、市長選は3人が、市議選は定数20に対し23人が立候補を届け出た。情勢を分析した。

★北杜市議会議員選挙:13日(日)20時~投開票速報を随時更新★

北杜市議会議員選挙 開票速報 2016 当選落選結果

スポンサーリンク

北杜市とは?

北杜市(ほくとし)は、山梨県の北西部に位置する市である。山梨県内の自治体として最北端にあたる。

長野県との県境に接し、南アルプスの雄大な自然に囲まれている。市では観光をはじめとした第3次産業の就業者数が最も多い。

ブルーベリーの産地として有名。また、全国でも有数の名水の地という特性を生かして、サントリーの白州蒸留所が設けられている。

北杜市長選・市議選の情勢

市長選:合併後初の市長交代

2004年に7町村が合併して生まれた北杜市。今回の選挙は2004年から就任している白倉政司氏が引退を表明。合併後、初めて市長が交代することになる。

合併時の2005年時点で約1000億円の債務超過となっている市債があった北杜市。現白倉市長は支出を減らし、財政再建に努めた。

市長選は無所属新人で、この財政再建路線を支持する3名の候補者が名乗りを上げている。

渡辺英子氏は白倉市長の事実上の後継者。小中学校で教諭を務め、退職後の2003年に旧長坂町議に初当選。合併後は北杜市議となり、議長も経験した。

上村英司氏も元市議会議員。3候補の中では最も若い46歳。大学卒業後30歳まで民間企業に勤務し、その後実家の酒問屋を継いだ。

財政再建路線は堅持しつつ、新たに市内での起業者を支援するシェアオフィスの検討などを掲げる。

3人目の候補者の篠原真清氏は元市議で、合併前は旧明野村長を務めた。廃棄物最終処分場(明野処分場)に反対する住民団体のリーダー役から旧明野村長に当選した。

そのため市の財政再建方針には同意しつつも、現市政について「市民に市政運営に参画してもらうためには、市民の声を聞くことが必要だ」とトップダウンからボトムアップへの転換を訴える。

「予想できない」「選びにくい」の声も

一方、同じく無所属新人で現市長が注力してきた財政再建路線を支持する3氏を「予想できない」「選びにくい」と考える向きもある。

高齢化率県内No.1の市 財政が苦しい中この課題をいかにクリアするか

多大な債務を抱える一方、北杜市は県内で最も高齢化が進んでいる市だ。

白倉市長の財政再建によって債務は674億円まで減ったが、それでもなお財政再建と高齢化対策の両立は市にとって避けて通れない課題だ。

今回の市議選は定数20に対し23人が立候補を届け出を行った。最後まで目を離すことができない選挙戦となりそうだ。

関連記事

★北杜市議会議員選挙:13日(日)20時~投開票速報を随時更新★

北杜市議会議員選挙 開票速報 2016 当選落選結果

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

Comments

comments

 - 中部地方選挙, 山梨県内選挙, 政治ニュース, 選挙区・情勢予想 , ,