【南砺市議選-情勢分析】定数20を26名が争う激戦。市議会の若返りが課題?

   

スポンサーリンク

任期満了に伴う南砺市議選が6日告示され、定数20に対し26人が立候補を届け出た。情勢を分析した。

★南砺市議会議員選挙:13日(日)20時~投開票速報を随時更新★

南砺市議会議員選挙 開票速報 2016 当選落選結果

スポンサーリンク

南砺市とは?

南砺市(なんとし)は、富山県西部に位置する市。世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」と演劇祭のある旧利賀村を擁する。

「香り高いまち」を自称しており、木や建設にゆかりの深いまちである。川田工業の富山本社が存在するほか、大建工業の創業地である。

福光地域は全国有数の木製バットの生産地。2012年に「南砺バットミュージアム」が新装オープンした。

南砺市議選の情勢

今回は定数20に対し26人が立候補を届け出た激戦。南砺市選挙公報によると、「子育て支援・高齢化対策」や合掌造りといった地域資源を生かした「観光の強化」

また、山岳地帯を含む土地柄から「安全な道路・河川の整備」「災害に強いまちづくり」なども挙げられている。

候補者の平均年齢は59.31歳と、平均年齢が52.68歳となった10月執行の富山市議会補欠選挙より高い数値となっている。40代・30代の候補者は1名ずつだ。

投開票は13日に行われ、当日夜には大勢が判明する見通し。

関連記事

★南砺市議会議員選挙:13日(日)20時~投開票速報を随時更新★

南砺市議会議員選挙 開票速報 2016 当選落選結果

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

Comments

comments

 - 中部地方選挙, 富山県内選挙, 政治ニュース, 選挙区・情勢予想 , ,