【沼津市長選-情勢分析】「IT系」異端の新人・大沼氏を「正統派」現職の栗原氏が迎え撃つ。

   

スポンサーリンク

30日に投開票を控えた沼津市長選挙。現職の栗原氏と新人の大沼氏の一騎打ちだ。情勢を分析した。

★沼津市長選挙:30日(日)20時~投開票速報を随時更新★

沼津市長選挙 開票速報 2016 当選落選結果

「IT系」異端の新人・大沼氏

大沼明穂 沼津市

(出典:大沼氏FB)

大沼明穂氏は沼津東高校・東京大工学部卒。1984年に日本IBM入社。データベース部門責任者を最後に同社を2002年に退職。

03年からITベンチャー企業「ユビキタス・ビジネステクノロジー」社長。

IBMアメリカ本社ではストラテジストとして日本市場の戦略担当

2008年に家族の介護で沼津に帰り、沼津と東京を往復する生活を続けている。

出馬の動機について、沼津の疲弊や停滞、行政のスピード感のなさを変えていきたいためとしている。

政策などで、IT産業などの成長分野の産業の沼津誘致などを掲げる。

「正攻法」で迎え撃つ現職の栗原氏

栗原裕康 沼津市長

(出典:沼津市HP)

現職・栗原氏は親の代から続く地盤で迎え撃つ。

沼津市市長を2期8年務めてきた現職の栗原裕康氏。

栗原氏は元衆議院議員で防衛庁長官や労働大臣を務めた栗原祐幸氏を父に持つ。

三光汽船勤務後、静岡県議会議員・衆議院議員をそれぞれ務め、2008年に沼津市長選挙で初当選。今回は沼津市長として3期目の挑戦。

父・祐幸氏から続き、自信の衆院選や知事選を勝ち抜いてきており、地元にはよく知られた存在。

「異端」の大沼氏を、正攻法で迎え撃つ。

スポンサーリンク

関連記事

★沼津市長選挙:30日(日)20時~投開票速報を随時更新★

沼津市長選挙 開票速報 2016 当選落選結果

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

Comments

comments

 - 中部地方選挙, 政治ニュース, 静岡県内選挙 ,