11/6投開票選挙の争点と見どころ(今週の選挙)-富山市議補選・荒川区長選など

   

スポンサーリンク

投票率

11月6日は全国で10の選挙があります。注目は富山市議補選・荒川区長選挙です。

スポンサーリンク

富山市議補選

政務活動費の不正で議員12人が辞職したことに伴う富山市議会議員の補欠選挙が30日に告示され、いずれも新人の25人が立候補。

異例の欠員13となった選挙戦。富山県議補選(富山市第1選挙区)で議席を勝ち取った自民党だが、得票率は4割にとどまるなど低調。「市議補選はもっと厳しくなる」と気を引き締めます。

一方、野党・無所属候補者は与党・自民党の組織力を警戒。「市議補選も投票率が低ければ、組織票のある政党候補者に有利」と焦りを隠さない。

ガバナンスを問う富山市議補選は混戦模様となりそうです。

関連記事

富山市議会議員補欠選挙 開票速報 2016 当選落選結果

【富山市議補選-情勢分析】与党への逆風。野党は自民の組織力警戒で、混戦模様か。

荒川区長選挙

荒川区長選はいずれも無所属で、4選を目指す現職の西川太一郎氏と、新人で共産党荒川地区委員会副委員長の茂木正道氏による一騎打ち。

選挙戦は、3期12年続いた西川区政への評価、保育行政などが争点となりそうです。

2015年度も、共働き子育てしやすい街ランキングで全国1位となるなど行政サービスの満足度が高い自治体と言えます。

 

新人の茂木正道氏は、共産党が推薦。

共産党は、今年7月の参院選でも議席を伸ばし、「盛り土問題」では共産党都議団が存在感を高めた。

党全体に勢いがある状況なだけに、現職にどこまで迫れるかが注目だ。

関連記事

荒川区長選挙 開票速報 2016 当選落選結果

【荒川区長選-情勢分析】現職と新人の一騎打ち 「可愛い」ラッピングカーも登場

その他の選挙

その他の選挙については、以下で開票速報と随時情勢情報を速報します。

中国・四国地方
より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

Comments

comments

 - 中部地方選挙, 国内政治, 富山県内選挙, 政治ニュース, 選挙区・情勢予想, 開票速報 , , ,