【新潟県知事選-情勢分析】選挙戦スタート。上越地方も強い森氏に、挑む「突貫」米山氏。

      2016/10/12

スポンサーリンク
新潟県知事選 森民夫 米山隆一

(出典:米山氏公式HP、宮川大樹氏Facebook)

小雨の降る中、任期満了に伴う新潟県知事選挙が29日告示され、5時までに新人4人が立候補した。

東京電力が目指す柏崎刈羽原子力発電所の再稼働への対応や、

人口減少が進む中での産業振興策などをめぐって論戦が行われる見通しだ。1日目の注目候補の動向を追った。

スポンサーリンク

新潟県知事選2016・注目陣営の様子

森 民夫氏陣営(無所属・新人:前長岡市長)

新潟市内で行われた出陣式の様子(出典:石崎 徹氏FB)

新潟市内で行われた森民夫氏の出陣式の様子(出典:石崎 徹氏FB)

自民・公明推薦の森氏は、告示日1日目の本日、新潟市内の神社で必勝祈願祭・出陣式を終え、同市内で街頭演説を開始し、

三条市、長岡市、上越市、糸魚川市と新潟市以南を南下するルートをとった。

米山 隆一氏陣営(無所属・新人:元民進党新潟5区候補者)

米山氏も同じく新潟市で出陣式をスタート。

その後は、糸魚川市、上越市などを遊説して回った。

周到な準備の森陣営とその足取り

長岡だけじゃない!上越地方にも比重を置く森氏陣営

新潟県内第3の人口を誇る南部の要・上越市。8月中に出馬を表明した森氏は、同月末から上越市に5回以上挨拶回りや集会などで訪問している。

森氏の選対本部長には高鳥修一衆院議員(新潟6区・自民)が就任。

高鳥議員の後援会ネットワークなどを通じて、上越市周辺の糸魚川市や妙高市の市議・県議らとも連携をとっているようだ。

南部の要となる同市を基点として、地元・長岡はもとより、6区の票の掘り起こしに森陣営は注力している様子。

森民夫 米山隆一 高鳥修一 新潟県知事選2016

原発のある2区。地元以外は「捨て」?

一方、原発のある柏崎市・刈羽村とその周辺地域から成る新潟2区地域は、地元の長岡市以外に訪問した様子はみられず、

選挙期間前の動向から察するに、やや「捨て」の様子が見られる。

米山氏・森氏が勝つためには

米山氏陣営にとっては約30万人を擁するこの地域での支持がカギになり、

迎え撃つ森氏陣営にとっては6区や地元の長岡市などを固めて守り切る選挙となりそうだ。

関連記事

★新潟県知事選挙(2016年)の開票速報・当選落選結果をリアルタイムで配信します!★

新潟県知事選挙 開票速報 2016 当選落選結果

★新潟県知事選挙(2016年)の情勢分析記事はこちら★

【新潟県知事選-情勢分析】「県政改革」訴える森氏と、「再稼働反対」米山氏の事実上の一騎打ちへ。

その他の情勢分析記事はこちら

★ランキングに参加しています
より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
[amazonjs asin="B01ABG5L24" locale="JP" title="再稼働への必要十分条件 柏崎刈羽原発は大地震で事故再発はないか? (朝日新聞デジタルSELECT)"]
スポンサーリンク

 - 中部地方選挙, 政治ニュース, 新潟県内選挙, 選挙区・情勢予想 , , , , , , , , ,