【新潟県知事選-情勢分析】民進・米山隆一氏出馬へ 共産・社民・生活3党のラブコールに応える

   

スポンサーリンク
民進党新潟5区・米山隆一氏

(出典:米山氏公式ホームページ)

任期満了に伴う新潟県知事選(29日告示、10月16日投開票)に、

民進党新潟5区総支部長の医師米山隆一氏(49)が出馬する意向を固めた。ロイター通信などが報じた。

共産、社民、生活3党の働きかけに応じた。3党が推薦し、無所属で立候補する見通し。

米山氏はこれまで自民、維新、民進と所属政党を変えながら、衆院選に3回、参院選に1回出馬しているが、いずれも涙をのんでいる。

知事選は原発再稼働を主要論点に、2人の候補の一騎打ちとなる公算が高まった。

スポンサーリンク

共産・社民・生活の3党からの熱い「ラブコール」 3党推薦で無所属出馬

社民党や共産党、生活の党などは20日、米山氏の擁立を目指す考えを表明。

17日に市民団体が社民党などと連名で米山氏の擁立を要請する文書を民進党側に提出したが、

同党は同日に知事選に対して自主投票を決めており、この要請を断っていた。

しかしながら新潟県知事選は、泉田現知事の出馬撤回ののち、告示日1週間前になっても

元長岡市長の森氏以外に候補者がいないという未曽有の事態に。

20日は共産、社民、生活の3党の県組織と市民団体が合同になって記者会見を開き、

一度は要請を断られた米山氏の出馬を求めるという異例の事態となった。

野党三党の断られても断られてもめげない熱いラブコールに米山氏が応えた形。

新潟放送によると、米山氏は民進党籍を残したまま無所属で出馬する考え。(米山隆一氏、知事選出馬表明へ|BSN新潟放送)

民進党不在の野党共闘 原発再稼働支持する連合新潟への配慮

候補者擁立に紆余曲折があったのには事情がある。

民進党の支持母体の連合新潟が森氏への支持を決定したため、民進党も表立って支援できなくなってしまった。

泉田現知事の出馬を撤回して間もない今月3日、民進党は「選択肢を示す必要がある」として独自候補擁立を目指す方針を示したが、

柏崎刈羽原発再稼働を支持する連合の反対に遭い、あえなく頓挫していた。

火中の栗を拾った米山氏 自らを「越後の川に賽と投げ打つ」覚悟で

米山隆一

(出典:米山隆一公式Twitterより)

告示日1週間を切り、原発再稼働を主要論点に、2人の候補の一騎打ちとなる公算が高まった新潟県知事選。

米山氏は報道発表の前夜になる22日未明、ツイッターで「捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ我が身をぞ 越後の川に賽と投げ打つ」として、

知事選への決意をのぞかせる一句を詠んでいた。

米山氏の「越後の川に賽と投げ打つ」覚悟が市民に届くか、あるいは「これからの新潟」を謳い現泉田県政の革新を訴える森氏が勝利するか。

新潟県知事選に更なる注目がなされる。

関連記事

★ランキングに参加しています
より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー

【炎上】新潟・泉田知事と地元紙のガチバトルを整理したら、原発再稼働との関係がわかった

[amazonjs asin="B01ABG5L24" locale="JP" title="再稼働への必要十分条件 柏崎刈羽原発は大地震で事故再発はないか? (朝日新聞デジタルSELECT)"]
スポンサーリンク

 - 中部地方選挙, 政治ニュース, 新潟県内選挙, 選挙区・情勢予想 , , , , , , , , , ,